このページは HOME > イベント&フォト情報

イベント情報

『ドライフラワーつくり教室』終了しました。

先週、2月8日(木)に『ドライフラワーつくり教室』を開催しました。

材料はこちらです。↓
 alt=""title=""

ドライフラワーは、吊るして自然乾燥する方法が一般的ですが、
今回は、シリカゲルと電子レンジを使ったドライフラワーの作り方を受講しました。

シリカゲルは、ドライフラワー用のものが市販されていますので、それを使って作ります。
まず、大きめのタッパーなどの密閉容器を用意し、シリカゲルを2cmほど敷きます。
(茎は容器の高さに合わせてカットしておいてください。)
そこへ花を挿していくのですが、
このとき花びらが広がらないように詰めて並べてください。
並べ終わったら、シリカゲルを流し入れます。
花びらの間にもスプーンなどを使って入れていきます。
花が見えなくなるくらいまでシリカゲルを入れ終わったら、
蓋をして1ヶ月くらい置きます。

電子レンジを使って作る方法は、シリカゲルで花を埋めるところまでは一緒ですが、
そのまま放置せずに電子レンジで加熱することで短時間で作ることができます。
必ず電子レンジに対応するの容器に入れてくださいね。
500ワットで、蓋をして小さい花でしたら1分くらいから様子を見ながら加熱していきます。

どちらの方法も自然乾燥より形も色もある程度きれいに残すことができますよ。
また、シリカゲルは使用前は青色をしていますが、湿気を含むとピンク色になります。
ピンク色になったら、フライパンで炒ると再生できます。(青色に戻ります。)
再利用する際は、花が焼けてしまいますので、
必ず手で触れるくらいまで冷ましてから使ってください。

今回は講習のあとバラかすみ草のドライフラワーと、コニファー(自然にドライフラワーになります。)
を使ってフラワーアレンジメントを作りました。

丸く形を整えたオアシスに水苔を水糊で貼り、それにドライフラワーを挿していきます。
 alt=""title=""  alt=""title=""

 alt=""title=""  alt=""title=""

茎が短い場合は、針金を足してフローラテープを巻いて挿してください。
 alt=""title=""

最後に台座に固定して完成です
こちらは参加者の皆さんの作品です
 alt=""title=""   alt=""title=""   alt=""title=""

最後にアンケートを記入していただき終了しました。
参加者の皆さんからは、
「電子レンジで簡単に出来ることが分かり、ドライフラワーにチャレンジしやすくなりました。」
「自分でも作れることが、説明を聞いてよく分かりました。作ってみます。」
「ドライフラワーの作り方も教わり、参加する毎に知識が増えていくのが嬉しいです。
今日の作品もとても良いものができ大満足です。ありがとうございました。」
などの声をいただきました。

ぜひ、いろいろな花でドライフラワーに挑戦してみてくださいね

今年度のガーデニング教室は今回で最後となりました。
この一年間、参加していただいた皆さま、本当にありがとうございました。

来年度も皆さまに喜んでいただける教室を計画中ですので、
楽しみにお待ちください








このページの先頭へ