このページは HOME > イベント&フォト情報

イベント情報

『フラワーアレンジメント教室』終了しました。

先日、4月12日(木)に、今年度1回目のガーデニング教室、
『フラワーアレンジメント教室』を開催しました。

今回は、バラの花とコニファーを使ったフラワーアレンジメントを作成しました。
材料はこちらです。↓
 alt=""title=""
※以下、写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

 alt=""title=""

所長と黒木園芸指導員のあいさつの後、
切り花の水切りについての講習を受けて作成に取りかかりました。
 alt=""title=""

 alt=""title=""


まず、花びらの一番外側(色が混ざっている部分)を取り、処理します。
この処理をすると、花の色がより鮮やかに引き立ちます。
 alt=""title=""  alt=""title=""


水切りは、空気に触れた状態で行うと、茎の中に気泡ができてしまい
水を上手に吸い上げてくれませんので、バケツなどに水を張り必ず水中で行ってください。
切り口は斜めになるように切ります。
斜めに切ることで、水に触れる面積が増えますので、吸い込みやすくなります。
 alt=""title=""

花の処理が終わったら、オアシスにバラを挿していきますが、
まず、基本となる花を中央に挿していきます。
器の大きさなど全体のバランスを考えて高さを決めますが、
中心が決まったら、周りにも挿していきます。
バラを挿し終えたら、隙間を埋めるようにコニファーを挿します。
また、バラを挿す時に取ってしまった葉は、捨ててしまわずに外側に挿して、
足元のオアシスを隠す素材としても使えます。
 alt=""title=""  alt=""title=""

 alt=""title=""  alt=""title=""


全体を整えて、完成です。
こちらは、参加者の方の作品です。
 alt=""title=""  alt=""title=""  alt=""title=""

最後にアンケートを記入していただき終了しました。
参加者の皆さんからは、
「こんなにたくさんのお花が活けられると思わなかったので、とてもうれしいです。
ありがとうございました。」
「バラの花いっぱいですごく優雅な気分になりました。」
「色とりどりのバラの花に囲まれて幸せなひとときを過ごせました。」
などのご感想をいただきました。

バラの花がまばらな状態のときは、うまく出来るか不安の声も上がっていたのですが、
完成品に満足していただき、皆さん笑顔で教室を後にされていました。
また、いろんな花でアレンジメントに挑戦してみてくださいね。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました



今年度のガーデニング教室スケジュール表はコチラ


このページの先頭へ