このページは HOME > イベント&フォト情報

イベント情報

ベランダ菜園教室終了

先日9月14日(木)に、ベランダ菜園教室を11名で行いました。
材料はこちらです。↓

 alt=""title=""

今回はプランターを使わず、ホームセンター等にあります用土を袋ごと利用し、
その上に麻袋を被せて仕上げます。
野菜は下の写真の左から、ブロッコリー・水菜・パセリ・ねぎの4種類を植えました。

 alt=""title=""

まず、土袋を逆さにして立て、袋の底に6ヵ所ほど水はけ用の穴を開けます。
開けたら穴を下にして安定させ麻袋を被せます。

 alt=""title=""

被せたら、土袋の上をハサミで開き、袋の縁をロールして整えます。
(麻袋を被せる前に土袋を開けると、作業中に土がこぼれる恐れがありますので、
麻袋を被せてから開けます。)


 alt=""title=""   alt=""title=""

次に、表面の土を少しほぐして苗を植えました。

 alt=""title=""   alt=""title=""

植え終わったら、土の表面をココファイバー(ココヤシの繊維)で覆います。

 alt=""title=""

この土の表面を覆うことをマルチングといいますが、
マルチングすることで見栄えもよく、水やりの際の水跳ね防止になるほか、
栽培植物の保護、水分蒸発の防止、地温の確保などの効果があります。

さて、体裁を整えたら完成です。こんな感じになりました

 alt=""title=""   alt=""title=""

何個か作っていろいろな苗を植えて並べるとかわいいですよ

 alt=""title=""   alt=""title=""

今回は時間に余裕がありましたので、お茶しながらの質問タイムを設けました

 alt=""title=""

肥料のこと、土のことなど、いろいろな質問に黒木指導員がお応えしました。
毎回、指導員の説明は分かりやすいと好評です。
経験談やジェスチャーを交えて、こんな感じで楽しくお話しされます。

 alt=""title=""

最後に、アンケートを記入していただき終了しました。
参加者の皆さんからは、
「ベランダが賑やかになって育つのが楽しみです。」
「インテリアにもなり楽しみが増えました。」
「いつも楽しく教えてもらい、ありがとうございます。」
「野菜を食べるのが楽しみです。この方法で来夏はミニトマトなど作ってみたいですが、
また上手に出来たら報告しますね。」
などのご感想をいただきました。
手軽に出来ますので、ご自宅での季節ごとの菜園作りに挑戦してみてくださいね



このページの先頭へ